'14年4月16日 茅野から杖突峠越えと高遠城址公園で桜見物のサイクリング

(水) 薄曇り 46.9km
 コースはJR茅野駅発で杖突峠、千代田湖、杖突街道(R152)を通り高遠城址公園で満開の桜を見た後、JR伊那市駅までのサイクリング(46.9km)です。 まだ新緑とは程遠い風景ですが、寒くなく暑くもない快適なサイクリングを楽しめる季節になりました。 残念ながら靄がかかっていたるため、遠くの山並みは見えませんでしたが満開の桜を堪能できました。 
   
画像
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 右下の三角マークをクリックすると動画再生できます。また 拡大表示、スピードコントロール、一時停止が可能です。  画面停止時はスクロール可です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 写真の撮影場所は地図を参照してください。
 写真、地図を拡大表示するにはクリックするとページが変わりますので再度クリックして下さい。 更に画面右上の歯車のマーク又は ALT+X を押すと尺度を変更できます。

    高低図
画像

 
    地 図
画像


    詳細図
画像

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
茅野駅から千代田湖まで
     写真1/14 茅野駅西口 :
画像


     写真2/14 茅野市の風景 :夏には見ることのできない風景。木々の間から茅野市街が見えました。
画像

 
     写真3/14 展望所入口 :木の左側に階段があり、降りて行くと展望所があります。諏訪湖、霧が峰、八ヶ岳全貌が見えるはずなのですが、モヤットうっすらと見えるだけで写真は判別しにくい状態でした。 残念です。 
画像


     写真4/14 杖突峠 :展望所からなだらかな坂を登って行くと、杖突街道(R152)の頂点、杖突峠があります。ここには「太陽光発電所」がありました。 これから(写真の)右の坂を上り千代田湖を目指します。写真は峠を高遠側から撮影しました。
画像


     写真5/14 残雪のある風景 :木々には葉が全くなく、その分見通しが良いです。
画像


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
千代田湖と松倉川
     写真6/14 千代田湖 :坂を下りきると、この風景になります。 森林に囲まれた静かな所です。 水辺で昼飯を食べようと腰を下ろしたら ジワッ と水が浸み出てきて、ちょっとあわてました。
画像


     写真7/14 千代田湖出口の堰 :風が吹くと湖水が吹き寄せられて、「ザー」という音をたてて、堰を乗り越えてゆきます。 松倉川の始まりです
画像
 

     写真8/14 松倉川 :千代田湖から「少年自然の家」への分岐点までは松倉川(この小川の名前です)沿いに道路があります。 ぜひ自転車を止めてせせらぎの音を聞いてください。(車が来ないので「寝そべり」可です。) 分岐点以降は快適なダウンロードが楽しめます。
画像


     写真9/14 道端の桜(@杖突街道) :杖突街道(R152)の右側には藤沢川が流れており、高遠まで集落がなく広々とした風景がつずきます。
画像


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
高遠城址公園の満開桜
 桜の開花時期に来たのは初めてで、別の公園に来たような感じです。 桜の花びらはまだ散り始めておらず ほぼ満開で、花びら同士が重なり合いその先が見えないくらいでした。
  
     写真10/14 桜とループ橋 :杖突街道を左折し、ループ橋を上ると高遠城址公園があります。
画像


      写真11/14 高遠閣 :公園の北門を入ると左に高遠閣(国の登録有形文化財 木造25.4mW*16.4mD*18.2mH)があります。
画像


     写真12/14 桜1 :
画像


     写真13/14 桜2 :
画像


     写真14/14 白山橋 :高遠湖の北にある橋で、高遠城址公園とお別れです。
画像

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     おまけの写真 :R152の最初の右カーブ(写真2よりも茅野側)から見た茅野市街
画像















~~~END~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~END~~




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック