2014年3月11日 富士四湖から臨む「富士山」と「白糸の滝」を巡るサイクリング

(火) 快晴 82.0km
 今回のサイクリングは河口湖駅発で、富士山の北側の富士四湖(河口湖、西湖、精進湖、本栖湖)から富士山を眺め、後半は富士山の西側の朝霧高原、白糸の滝を通り新富士駅(新幹線)までの82.0kmのサイクリングです。
 コース状況は前半は河口湖と西湖間、本栖湖以後にきつい上り坂(計約3km)がありますがほぼ平坦路。 後半は標高差約1000m,距離約37kmの下り坂です。
 前半の富士四湖から見る富士山風景は 雲一つない青空に映え、本栖湖では幸運にも 「逆さ富士」 を見ることができました。 富士山を西側から見る後半は変化の少ない富士山風景でしたが、広大な裾野を感じさせる素晴らしい風景でした。又 繊細な「白糸の滝」と豪快な「音止の滝」の対比が絶妙でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コースの動画
 右下の三角マークをクリックすると動画再生できます。また 拡大表示、スピードコントロール、一時停止が可能です。  画面停止時はマウスを使用すればスクロール可です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 写真の撮影場所は地図を参照してください。
 写真、地図を拡大表示するにはクリックするとページが変わりますので再度クリックして下さい。更に画面右上の歯車のマーク又は ALT+X を押すと尺度を変更できます。
    地 図
画像

    高低図
画像

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     写真1/13 河口湖駅
画像


富士四湖から臨む富士山
     写真2/13 河口湖から臨む富士山 
画像


     写真3/13 西湖西端から臨む富士山  
画像

     写真4/13 精進湖から臨む富士山 左に湖面を眺めながらペダルを踏みます。湖面の70%位が結氷していました。 
画像


     写真5/13 本栖湖の逆さ富士 その1 浩庵キャンプ場(場所はコースの動画を拡大表示して下さい)の手前で撮影しました。 キャンプ場ではボヤケテおり、帰るときに通った時には消えていました。キャンプ場で「逆さ富士」が見えれば千円札と同じ風景になったのに、ちょっと残念。
画像


     写真6/13 本栖湖の逆さ富士 その2 
画像

   
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     写真7/13 My 自転車 最高所に登る坂道の途中で本栖湖越しに雪に覆われた南アルプスが頭をのぞかせていました。 写真は最高所の次のピークで撮影しました。 ここから新富士駅まで「下り坂」の開始です。
画像

     写真8/13 道の駅 社員の研修会のため閉店していました。「道の駅」は年中無休と勝手に思っていましたが改めねば--。 「道の駅」の裏からの富士山は絶景です。
画像


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
白糸の滝
     写真9/13 音止の滝 「蘇我兄弟が念じたら滝の音が止まり、仇討の密議ができた。」との伝説があります。 白糸の滝とは対照的に豪快です。(柵に近かずけず  残念に思いました)
画像


     写真10/13 白糸の滝全景
画像


     写真11/13 白糸の滝
画像


     写真12/13 白糸の滝 太陽光が良い位置に射し込んでいました。「逆さ富士」につずき「二度目の幸運」でした。
画像

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     写真13/13 田園と富士山
画像

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
おまけの写真
    A: 西湖と精進湖の間の道路(左が精進湖方面)
画像















    B: 写真6を撮影した4分後の浩庵キャンプ場での消えかかった「逆さ富士」です。 
画像















    C: 本栖湖と最高地点の間の上り坂から見える南アルプスの冠雪した ”頭”
画像















~~~END~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~END~~



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック