'13年11月9日 「白沢峠(嶺方峠)から見る北アルプス」と「鬼無里街道の黄葉」のサイクリング

(土) 晴  白沢峠(嶺方峠)なら雪化粧と黄葉を同時に見れるのではないかと思い、急遽出発しました。 長野駅から鬼無里街道で白沢峠を通り白馬駅までのコース(46.0km)です。
 白沢峠から見る北アルプスはほとんど雪化粧していませんでした。 マー 雲に隠れていなかったことで「良し」としましょう。 紅葉は「まあまあ」でした。
 鬼無里街道の黄葉は高度差500m(裾花ダム~白沢峠~白馬)くらいあるにも関わらずほぼ全線黄葉していました。黄葉といっても「いちょう」や「もみじ」のような鮮やかな色の木はなく、くすんだ感じの色です。又一本々が美しい木はなく、風景全体が黄葉していました。 
 白沢峠は来年 新緑の時期に来たいです。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 写真、地図を拡大表示するにはクリックするとページが変わりますので再度クリックして下さい。 更に画面右上の歯車のマークをクリック 又は Alt+X を押すと尺度を変更できます。撮影場所は地図を参照してください。

******************************************
長野駅  
     写真1/14 :長野駅 :駅前広場は整備工事中です  
画像


******************************************
裾花ダム
     写真2/14 裾花ダム  
画像


     写真3/14 裾花大橋から北アルプスを臨む :裾花大橋は裾花ダムの左岸と右岸を結ぶ橋でここから北アルプスが見えれば白沢峠は問題なし。長野駅についたときは曇っていたので天気が心配でしたが、天気悪化しないよう願うのみ。
画像


******************************************
鬼無里近辺 :名前の由来は「女性の鬼が退治され里から鬼がいなくなった」との伝説によります。
     写真4/14 ススキ :瀬戸トンネル出口にて 
画像


     写真5/14 北アルプスを臨む:銚子口トンネル出口付近
画像


******************************************
鬼無里を過ぎて白沢峠への上り坂    
     写真6/14 :ススキと黄葉
画像

 
  
     写真7/14  :「鬼無里の湯」
http://www.kokumin-shukusha.or.jp/annai/ken/nagano/220087.html参照
画像


     写真8/14  :道端の黄葉  
画像


     写真9/14 :「熊口(?)隧道」内から出口側。この隧道周辺の勾配は結構きつい上りです。
画像


******************************************
白沢峠(嶺方峠) ~ 白馬駅
     写真10/14  白沢峠にて :おなじみのトンネル内からの写真です。 ネットで見て交通標識が多すぎると思っていたのですが、車の運転手さんはこの風景に魅入られるでしょうから、現場に来て必要性がわかりました。逆に白沢峠の名物として撤去してほしくないですね。
画像


     写真11/14 白沢峠にて:左から鹿島槍ヶ岳、五龍岳、唐松岳、鑓ケ岳、杓子岳とつずきます。
画像


     写真12/14  :紅葉と北アルプス(も写っていますヨ)
画像


     写真13/14  :紅葉と黄葉 
画像


     写真14/14 白馬駅近くでの北アルプス: 左は鑓ヶ岳 右は杓子岳です
 
画像



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 写真、地図を拡大表示するにはクリックするとページが変わりますので再度クリックして下さい。 更に画面右上の歯車のマークをクリック 又は Alt+X を押すと尺度を変更できます。
    高低図
画像


    地図
画像

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 右下の三角マークをクリックすると動画再生できます。また 拡大表示、スピードコントロール、一時停止が可能です。画面停止時はマウスを使用すればスクロール可です。

~~~END~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~END~~~




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック